Skip to content

「ストレンジャー」Billy Joel

さて、ビリー・ジョエルを一気にスターダムにのし上げたこの「ストレンジャー」。
発売30周年記念としてDVDを含んだセットとして発売されてます。(限定品なのでもうないらしい)。
商品詳細はこちら

ビリー・ジョエルに初めて触れたのは小学校4年ぐらいの時に、
CMに使われた「オネスティ」でした。
テレビからラジオから流れるこのスローナンバーに子供ながら心を奪われていたようです(笑)
その数年後にプロモビデオ全盛期がきて「アップタウン・ガール」のプロモで
でっかいブロンド美人(当時の嫁)と並んで踊るちっさいおっさんが
なんとあの「オネスティ」を歌ってたビリーだと知ります。
これは正直に言うとすげえ衝撃でしたっ。

その後にビリー・ザ・ベストが出て、一連のヒット曲を知ることになります。
(そういえば「オネスティ」は当時日本盤のみにしか収録されてませんでした・・)

その中に入ってた「イタリアンレストランにて」がもう、なんて言うんですか。
ドラマティック過ぎて一気に大好きになってしまったんですよ。
対訳の歌詞を読んで「この人ごとの様に喋ってるブレンダとエディって・・・・自分達の事なのかな?」とか色々考えたり(笑)

で、その「ビリー・ザ・ベスト」にも多数の曲が収録されてるこの「ストレンジャー」を入手して、
未だに聞いてるってわけです。
もちろんこの間の大阪ドームにも行きましたよ!キーの下がりっぷりにはちょっと萎えましたが・・。

この30周年記念盤は2枚組になってて、
2枚目はなんと77年6月3日のNY・カーネギーホール公演(未発表!)なんですよ!!
ちょうどこの「ストレンジャー」のリリース直後のライブ!
これだけで正直お金だして買っても良いほどです!
(日本盤待ちきれずに輸入盤買いました・・w)

あの「イタリアン・レストラン」も「素顔のままで」もライブで聞ける。
しかもすげえええええええクオリティなんですよこれが。
「ストレンジャーもう持ってるしな・・・」って人でも文句なしにオススメです。涙でまっせ!


Published inCD:70年代音楽

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。