Skip to content

「ジョン・レノン・コレクション」John Lennon

最近になって2枚組のベストが(そして流行のリマスター)が出ているジョン・レノンですが、
僕にとってのジョンのベスト盤といえばこの「コレクション」なのです。

親戚の兄ちゃんの影響でラジオにかじりつき始めた小学校4年の時。ちょうど1980年。
一番好きな曲はザ・ナックの「マイ・シャローナ」でしたね。
そう、ジョンが暗殺されたあの年です。
ただ流行の曲を追っかけていただけの子供にとって「スターティング・オーヴァー」は
ただの流行歌の1曲にしか過ぎませんでした。
ただ、寒い冬のある日、ラジオのDJが涙声でこの曲を紹介するのを聴いてジョンが暗殺されたのを知りました。
この当時、ビートルズの名前すら知らなかった僕ですが、「そうか。この人死んじゃったんだ・・」としか捉えてませんでした。
が、中学生になり、ビートルズを知り、そしてようやく「スターティング・オーヴァー」を聞きたくてこのアルバムを手に入れたのです。

このアルバム、アナログの時は「ようこそレノン夫人 」と「コールド・ターキー」が入ってない全17曲でしたが、まず一番に思い出されるのが「両面の長さが極端に違うので60分テープに録音できなかった!」という事です(笑)

中学生が考えた60分テープにきっちりと収めるための貧弱な対策は
■「平和を我らに」は繰り返しだけで長いので途中でフェードイン・フェードアウト
■曲順を組み替える。
という事でした(爆)

なもんで、このアルバムはおっさんになった今でも
曲順はこうでないとなんかおかしいのです。
Side A
1. 平和を我等に(F.i,F.O)
2. インスタント・カーマ
3. パワー・トゥ・ザ・ピープル
4. 真夜中を突っ走れ
5. スタンド・バイ・ミー
6. ウォッチング・ザ・ホイールズ
7. マインド・ゲームス
8. ラヴ
9. ハッピー・クリスマス(戦争は終った)

Side B
1. イマジン
2. ジェラス・ガイ
3. 夢の夢
4. スターティング・オーヴァー
5. ウーマン
6. アイム・ルージング・ユー
7. ビューティフル・ボーイ
8. 愛するヨーコ
今ではこんなのもiPodで簡単にできますけどね・・・・

珠玉の名曲群ばかりで、全部聞いても全然飽きないんですが
一番好きなのは「ウォッチング・ザ・ホイールズ 」です。
あの達観した歌詞世界もそうですし、曲調も。

でねえ。色々とビートルズの事を知ったりしてから、また改めて聞き直すと、自分もおっさんになったせいなのか目にジワッと汗が浮かぶこともあるんですよねえ。
子供の頃に聞いた「スターティング・オーヴァー」とはまた全然違って聞こえてしまいます。
ああいう曲を出した直後に殺されてしまうなんて、ほんと因果なもんです。
「再出発」の歌ですもんね。。


Published inCD:80年代音楽

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。