Skip to content

「ビートルズレコーディングセッション」マーク ルウィソーン

ビートルズファンならマストアイテム。
なんせレコーディング日誌が全部日本語で読めるのですぜ。

彼ら4人はもちろん、プロデューサーのジョージ・マーティンやエンジニアの人達、そしてどんな風に楽器を使ったのか、セッションマンの給与支払い表とかレコーディング風景の写真等々マニアなら絶対に狂喜乱舞(笑)
特に「All you Need is Love(愛こそすべて)」の衛星中継の模様が
一番、僕としてはエキサイトして読めました。
そりゃエンジニアも手も震えますわね・・・
あの時の演奏はほとんどカラオケだったってのも、
この本に克明に書いてあって知りましたしw

レコーディングだけじゃなくて、ミックスダウンなどの日誌もあるから
エンジニアの人達にも良い勉強になるんじゃないでしょうか。
マルチ録音の仕組みについてまで書いてある親切設計な本ですし。

あと巻末のポールへのインタビューが一番嬉しい!

しかし・・・・・この本廃盤になっててしかもすげえ値段なんだねえ。
山口県に出張した時に古本屋で800円で買ったんだがw

追記:2015/12/5
現在は復刻完全版が出ています。


Published inノンフィクション

2 Comments

  1. はじめまして。

    録音手順やメンバー、スタッフのコメントも興味深い話です。

    「事実は小説より奇なり」

  2. Gaku Gaku

    >ヤンマ様
    コメントありがとうございます。
    何気なく買ったこの本なんですが
    録音日とか、オーバーダビングの様子などが書いてあるので
    すごく夢中になって読んでしまいました。

    自分がそこに居合わせたような気になってしまいます(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。