Skip to content

「アンソロジー2」The Beatles

アンソロジー第2弾。こちらは「Help!」から「Magical Mystery Tour」辺りまでの時期のアウトテイクを収録してます。

相変わらずのヲタ向けの内容ですが、試行錯誤の記録はファンにとっては楽しいもの。特に「Strawberry Fields Forever」の制作過程はファンならヨダレもんです。

そういえば昔「Strawberry Fields Forever」って海賊盤買った事あるわ。両面全部ストロベリーフィールズだった(笑)

そしてもう一つの新曲「Real Love」も!
「Free as a Bird」と同じ手法で作られた25年振りの新曲ですがこれもいい!
というか、なんでジョージ・マーティンがプロデュースしなかったのかな。
彼がやってくれればもっと話題になったのに(マニア的な意味で)

最後辺り、ポールがジョージに抱きつく場面がありますが
「レット・イット・ビー」のあのケンカの場面を見てた自分にとって
ここでも涙がブワッと溢れそうになりました。
時間が全てを解決してくれたんだなって。ジョンも生きてりゃな、って。。。。

「And your Bird Can Sing」は3人がヴォーカル録りの時に、
なぜか爆笑しまくってるという、不思議な場面が聴けますw
「Eleanor Rigby」はストリングスだけ収録されてるので
キミもギターを持って一緒に歌えるぞ!

日本のファンにとってあの武道館ライブの音源が聴けるのも(・ω・)bグッ

収録の期間が一番充実してる中期なので、
聴いてて一番おもしろいのは3枚のウチでこの「2」かなあ。

もちろん、最初にこれを買うのはオススメできませぬ。
「公式海賊盤」というニュアンスがわかって頂ければ幸いです(笑)

ジョージも死んだ今、ビートルズの新曲はもうないでしょう。
「Love me Do」でデビューして「Real Love」で終わる歴史。
そう、愛(Love)で始まって愛(Love)で終わるのでした。

ああ、なんて素晴らしや。
狂信者だからこそのアホ解釈でこのエントリーを締めますw

ザ・ビートルズ楽曲データベースはこちら


Published inThe Beatles音楽

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。