Skip to content

「スリラー」Michael Jackson

本日、信じられないニュースが・・・・・マイケル・ジャクソンが亡くなったとのこと。まだ50歳なのに・・・・・。

マイケルとの初遭遇は小学校5年の林間学校。
各クラスの出し物に困ってた我がクラスは、クラスメイトM君の提案で「今夜はビート・イット」という曲で踊る、という事になってしまいました。
M君には2人、年の離れたお兄さんがいて、このアルバムも家で普通に流れたりしてたんだろうね。
僕はそれまで聴いたこともなかったけど。

M君の踊り(今考えるとかなりひどいクオリティだと思う)を見よう見まねでバタバタと踊る小学5年。
ありゃ、たぶんPVの踊りだったのかなあ。

それからしばらくしてあの「スリラー」のPVが日本でもバンバン流れ出す。
POPベティハウス(DJのクッキーちゃんにメロメロだったw)
ベストヒットUSA、そしてSony Music TV!
めくるめくMTV時代の幕開けですね。
いかにも「金かかってんなあオイ」という特殊メイクと
あのヘンなダンス。
子供にはとてもかっこよく映ったもんです。

そしてレンタルレコードでこのアルバムを借りた。
すげえぞこれは。捨て曲なし!
というかほとんどシングルカットww
(全9曲中、7曲がシングルカットされた)
3曲目の「The Girl is Mine」はあのポール・マッカートニーとのデュオ。
しばらくして「Say Say Say」なんて曲も大ヒットしてましたなあ。
もうマイケルを見ない日なんてなかったですねえ。

このアルバムで一番好きなのは実は「Human Nature」です。
あのイントロのフレーズだけでも、グッと来てしまいます。
ささやく様なマイケルのヴォーカルもまたよし。
それに続く「P.Y.T.(Pretty Young Thing)」もかっこいい。
ヤンタン金曜日の「聞き込んだら」のコーナーで
「バックコーラス付きの『鼻の穴』」(空耳でこう聞こえる)と
紹介されてたのを強烈に覚えてる(笑)

個人的には小学校の床の油の匂いが蘇ってくるアルバムです。
あと、あの恥ずかしかった林間学校の出し物・・・・だな。

この後は「BAD」を出したんだけど、なぜかあまりいいとは思わなかった。
それより前作「オフ・ザ・ウォール」にハマって
そこからジャクソン・ファイブを聞き始めてしまいました(笑)

しかし・・・・50歳は早すぎるじゃないか。。。
来月からコンサートじゃなかったのかよ・・・・

ご冥福をお祈りします。
R.I.P. Michael From Japan


Published inCD:80年代音楽

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。