Skip to content

「幕末」司馬遼太郎

「桜田門外の変」から連なる、いわゆる幕末の「暗殺」を淡々と書いた作品です。高杉晋作、伊藤博文 、桂小五郎など名だたる幕末志士の登場はもちろんの事、吉田東洋などの「殺される側」の話もあって、まるでノンフィクションの様に淡々と読み進めれるのがいいです。

それにしても今の平和な時代から考えるとすごい話ですね。
寄ってたかって人を切り刻んだ人間が、維新の後初代総理大臣にまでなるんですから
まさに「勝てば官軍」とはこの事でしょう。
今のモラルからすると戦慄を覚えてしまいますが。

個人的には桂小五郎の逃亡劇である「逃げの小五郎」が一番好きでした。
蛤御門の変から出石での潜伏生活を書いたこの短編ですが
潜伏先で二人の娘とウマいことやる小五郎様の男前っぷりも大変ヨロシw


Published in小説

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。