Skip to content

「The Kids are Alright」 The Who

The Whoに触れるきっかけになったのは、今も活動している日本のロックバンド、ザ・コレクターズのライブに触れたのがきっかけでした。コレクターズを初めて見たのが高校2年(だったかな)、3枚目のアルバムのツアーで神戸チキンジョージに来た時。強烈に覚えてるのは、ものすごくお客さんが少なかった事(笑)ヘタしたら10人も入ってなかったんじゃないかなあ。

自分もこの時、自腹切ったわけじゃなくて友達の彼女が行けなくなったから、タダでホイホイと付いていったというなんとも不純な動機。

もちろん音源もなにも聞いた事がなかったんですが、お客が少ないのに一生懸命演奏する彼らにすっかり参ってしまったのです。

で、にわかコレクターズファンになった僕は、雑誌でのインタビューで「The Whoの『The Kids Are Alright』を見て何も感じないヤツはロックが必要のない人間だと思う」ってVoの加藤ひさし氏が言ってたのを見たんですよ。

そりゃあ火が付きますやん。そんなん言われたら。
ロックという幻想にとらわれた17歳ですぜ。
なもんで、ビデオを買って見たわけです。
踏み絵を前にしたキリシタンみたいな気分で。

圧倒。
その演奏する立ち姿がもうやばかった。
冒頭に出てくる「Baba O’Reilly」で完全にThe Whoにイカれました。

身体全体でギターを弾くピートに、なにか自分の道を示してもらった気がしました。
この「The Kids are Alright」は本当に何度も何度も見ましたね。

2時間もないこの作品の長さが逆にこのバンドを知る為にはぴったりなんじゃないかなあと思います。
破天荒なキース(ムーン)の行動はちょっと意味がわからない所もあるけれども、「Who are You」のコーラス録音の際になんとも無邪気にはしゃぐキースこそが彼の素顔なんじゃないかなあ、とも思ったり。

そしてこの「Won’t Get Fooled Again」で終わる作品。
これがまた死ぬほどカッコいいんですよねー。

「フーってとりあえずどんなバンドよ?」って方はまずこれを見れば大丈夫!


Published inDVD音楽

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。