Skip to content

「恋愛ニセ科学 恋の進化論」くま

Mixiで配信されるAll Aboutの恋愛関連記事のうさんくささと回りくどさ、そして限りないスイーツ(笑)臭に、ツッコミ入れまくってたある日。

ふと某大型掲示板のあるスレッドに貼られてあったURL。
何気なくそこへ跳んでみた。
それが「くま」さんこと熊谷 宜子さんのとあるMixi日記でした。

AllAboutのライター達があえて「真実」を回りくどいベタベタなオブラートに包んで、核心をぼやかしているのに対して彼女は、ギャラクティカ・マグナムとウイニング・ザ・レインボーを同時に両腕でブチこんでましたw

その日記は彼女がこの本を出した時に、若い女の子向けの雑誌から
「モテ男を落とすためのテクニック」という事でインタビューを受けた時の顛末記。

Q:モテ男を落とすためには女性はどんなことをすれば成功するでしょうか?
A:そんな男性なら倍率が高いうえ、
女も選ばれる側なのでよほどのものがないと選ばれませんm9(`・ω・´)!

Q:モテ男に対して有効なテクニックってありますか?
A:男も30近くなったら小細工など通じません。エリートなら尚更です。

・・・・・・これだっ!これなんだよ!この剛速球!
私はこの日を、この時を・・・・待っていたのかっ(from:幻魔大戦)
ちなみにCVは江守徹w

そしてこの様な問答が続いたあげく、記事になるはずだったそのインタビューは
なんと無効になってしまったとか。
この顛末だけでも、いかに世にはばかる恋愛記事の出所がいいかげんかわかる。

その日記にはすごい数のコメントがついていたのですが
コメントに丁寧に、しかも的確に返事するくまさん。
その内容にもにじみ出る知性に完全にノックアウトされました。

人間、自分にない物(この場合は知性)に遭遇すると、
一気に心奪われる事があります。

自分がイヌなら完全にお腹見せて降参、という状況。

で、彼女の日記がなんと本になっている、と知りました。
「うおおおおお、そんなもん即ポチじゃい!」とポチ(←自称)は購入。

あっという間に読み終えました。

正直、文系高卒の学歴しか持たない自分には
喩えとして書いてある化学式とかは(´・ω・`)モキュキュ?という感じでしたが
All Aboutの小手先アホ記事なんかよりも、
「生物として」「人間として」の真実を、ドカンと叩きつけるその説得力。
それはまさに
お菓子対決の時に、至高の柿をポンと出してくる海原雄山の如く。

ゴテゴテしたクリームでデコったケーキの甘ったるさではなく
素材の出す本当の甘さとはこういうもんだぜ?と
世に叩きつけるその小気味よさ。

そして、ちりばめられた各サブカルへの愛。
品の良いエロスも少々。
それは決して、ananの「~SEXで恋はもっとときめく!~」のような
薄っぺらいものでなく、あくまでリアルに読み手に響く。

失礼を承知で書きますが
「なんていいオンナなんだろう」と正直思いました(笑)

Mixiで書かれた日記を、そのまま書籍化してありますが
その日記についたレスもある程度収録されてあるようです。

個人的にはそのレスが超オススメです。

この本を女性に読んでもらって
「わっかんなーい?なにこれ?」とか言う人は、
もう個人的にダメになりそうですw
フィルタリング機能が圧倒的に強力なウィルスソフトの如く使えそうです。

帯には「男は絶対に読むなよ!よ、読むなって言ってるだろ!」と
書いてありますが、正直スイーツ(笑)分類される女子向けではないと思いますw

でもでも、女性にもぜひ一度読んで欲しい。

本当の意味の「幸せ」を求める男性、女性に超オヌヌメです(゚∀゚)!


Published in実用書

4 Comments

  1. くま くま

    こんにちわ、通りがかりの著者の熊谷宜子です(・∀・)☆
    自分の名前を検索してて(←定期的に祭られてないかチェックしております)
    たどり着きましたw

    > Mixiで配信されるAll Aboutの恋愛関連記事のうさんくささと回りくどさ、
    > そして限りないスイーツ(笑)臭に、ツッコミ入れまくってたある日。

    ああいった記事にツッコミを入れているのは
    実は男性だけではありません。
    一部のスイーツ(笑)な方々は真に受けているのかもしれませんが、
    実際は女性のほうも多くはけっこう冷めた目でに見ているものです( ´_ゝ`)

    > AllAboutのライター達があえて「真実」を回りくどいベタベタなオブラートに包んで、
    > 核心をぼやかしているのに対して
    > 彼女は、ギャラクティカ・マグナムとウイニング・ザ・レインボーを同時に両腕でブチこんでましたw
    > ・・・・・・これだっ!これなんだよ!この剛速球!

    ワタクシは事実を事実として述べたまでであります(・∀・)ニヤリ☆

    でも、実際はいい年した男性の思いって実際はそうじゃないでしょうか?
    しかも、それが女性の求めてくる条件を兼ねそなえているような男性なら
    それなりに知性もあるし、女性だってたくさん寄ってきたことがあるんでしょうし
    『ただの女』じゃなくって『それなりの女』を求めているハズですし。
    (だから、当たり前のことをさも貴重なものであるかのように見せても、むしろ引かれるだけなはずなのですが)

    女の方だって自分が逆の立場になったら
    絶対そんな小手先だけで何も持っていない相手なんか選ばないはずなのに
    なぜそれが自分のことになるとわからないのか、
    ちょっと不思議にも思いますが…

    > そしてこの様な問答が続いたあげく、記事になるはずだったそのインタビューは
    > なんと無効になってしまったとか。
    > この顛末だけでも、いかに世にはばかる恋愛記事の出所がいいかげんかわかる。

    向こうが欲しかった回答は
    『いかに楽して自分が勝ち残るか?』(←んなもんあるかwww)
    『何も持っていない自分が今から逆転ホームランを打つ簡単な方法は?』
    ってな内容のものだったので、
    そもそも自分が書いている本の趣旨と正反対のものでしたしね(´・ω・`)

    『女らしさを見せる』とか『エリートにはチヤホヤせず強気で当たってみる』とか、
    そういう小手先(かつ誰でもできるもの)が欲しかったのだと思います。

    ちなみに、本の中の一節で、

  2. Gaku Gaku

    >くまさん

    ああああああ!まさかの降臨、ありがとうございます!
    しかも字数制限のせいで途切れてしまってる(泣)
    申し訳ないです。
    時間かけて長文を書いていたかと思うと・・・・

    著作、何度も読み返してますよ!
    冷静な文面がとてもいいですね。

    個人的に恋愛とか結婚とかってあまり頭で考えすぎん方がいいな、という持論がありまして
    「人間だって動物だい」という根元が頭にあるもんですから、
    ああもテクとかタイプ分けとかをヅラヅラ書かれてる記事はどうしてもこざかしく感じるのです。

    くまさんが書かれてた文で特に
    「見て楽しい。触って楽しい。ヤッて楽しい。」
    「若い。デカイ。うまい。」はなるほどな!とw

    最近ではアラフォーや婚活、草食肉食とか上っ面の言葉が飛び交ってますが
    そういうのって、多分来年にでもなれば忘れ去られるでしょう。
    くまさんの本は、ずっと未来永劫残る物だと思いますよ。
    だって、生物としての本質が書かれてるんですから。

    http://www.cyzowoman.com/2009/06/post_581.html
    ↑これは友人が教えてくれた記事ですが、なんかもう・・・・
    ある意味、「逞しいな」とは思いますが、正直「イタ過ぎる」としか思えないですね。

    わざわざ訪問、そして投稿ありがとうございました!
    これからも知人に勧めさせて頂きますね!

  3. くま くま

    突然の書き込みでしたのにレスありがとうございます(´∀` )

    >しかも字数制限のせいで途切れてしまってる(泣)

    字数、実は1000文字までだったのですね(つД`)
    てかこちらも初書き込みなのに長文すみません(汗)

    >著作、何度も読み返してますよ!
    >冷静な文面がとてもいいですね。

    ありがとうございます(ノ´∀`*)!!
    まあ、あの冷静な文面は実は照れ隠しの面もあるのですがw

    >「人間だって動物だい」という根元が頭にあるもんですから、
    >ああもテクとかタイプ分けとかをヅラヅラ書かれてる記事はどうしてもこざかしく感じるのです。

    そもそも恋愛や結婚へのスタンスや、どんな相手を好むかも
    個人によって全く違うのですから
    『とにかく異性(不特定多数)にモテる!』
    というテクニック本は、自分の基準がある人には意味をなさないように思います(‘・ω・`)
    だいいち、記事書いてるのは女性なんですし、
    本当の男性の意見なわけがないw

    >「見て楽しい。触って楽しい。ヤッて楽しい。」
    >「若い。デカイ。うまい。」はなるほどな!とw

    言っておきますが、あれは自分ではなく友人の台詞ですwww
    まあ、極端な例でありましたが、
    人によって相手に求めるものは全く異なるのだから、
    結局は自分の思うままに相手を求めればいいと思うのです。
    もちろん、そんな相手からも求められるように、自分もちゃんとそれなりのものを身につけるよう努力して。

    >最近ではアラフォーや婚活、草食肉食とか上っ面の言葉が飛び交ってますが

    こんなことを言っては何ですが、
    それまでターゲットにされていなかった日陰の層(中年の独身女性)向けに、
    煽って無理やり生み出されたブームなような気がします。
    普通に考えたら『ちょww無理w』なターゲットを無理やり恋愛市場の主役にしてしまおうとするから、
    全ての面で無理がありすぎて、
    おかしなことになっているのかもしれません。

    >くまさんの本は、ずっと未来永劫残る物だと思いますよ。
    >だって、生物としての本質が書かれてるんですから。

    >これからも知人に勧めさせて頂きますね!

    ありがとうございます(ノД`)!!
    何も参考になることは書いていないのですが(汗)、
    あとがきでもあるように、少しでも『恋愛』という学問について、
    自由に考えるキカッケになってくれれば(あと、少しでも笑って楽しんでいただければ)
    熊谷もとてもうれしいです(´∀` )

  4. くま くま

    連続書き込みで申し訳ないですが、ちょっとツッコミを。

    >>http://www.cyzowoman.com/2009/06/post_581.html
    >>アタシが本を出版したいというか、恋愛に関して知りたいと思う人に有益な情報を発信したいと思う理由は、
    >>いわゆる「モテ本作家」(誰とは言いませんが、誰とは)とか、
    >>恋愛について「あーだ、こーだ」と語っている人の論に納得できないからです。

    …納得できないのはあなたの写真です( ・∀・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。